結婚や出産といったライフイベントが続くと、
友だちへの年賀状の文面もいろいろと考えることが多く、
誰にどこまでなにを書けばいいのかも悩ましいものです。

そこで、きた年賀状に対しての返事を書く作戦を考えました。
後だしジャンケンのようにまずは年賀状が来るのを待ってから書くと書きやすいかなと思いました。

書いてある内容や挨拶の言葉を読んでから、それに適した回答を考えるほうが楽ではないかということです。

今年はその作戦でやってみちょうと思い、いつもより出す年賀状を減らして正月を待ちました。
しかし、実際年賀状がきてみると、遅れたことを謝るところからはじまるので、精神的な壁がありました。

思わぬ伏兵。
やっぱり当り障りない内容でさらっとスマートに正月に届くように出すのが一番だったのかもしれません。

Comments are closed.