時には古典からの暖かさを思う話題の一節でした。

「東風吹かば匂いおこせよ梅の花 あるじなしとて春なわすれそ」
この短歌に詠まれたご神木の一輪、可憐な花が咲いていました。

ニュースの映像からすると咲いた一輪は梅の木のまん中より上のあたりと見えましたから、
健気に咲いたこの小さな花を見つけてくれたのは「まあ..」と感心してしまうところです。

東風は暖かな春のような風や季節の空気、
寒かった年明けの数日から気温が上がって春のきざしを感じたのではと思う。
一日ごとに春めくという梅一輪ほどの暖かさを運んでくれるといいですね。

菅原道真公ゆかりのご神木は平安時代から歳月を経ても、
季節の風情やいとしいような気持ちをもち続けている様でもあるなと思えました。

Comments are closed.